審査の難易度は?

消費者金融系にせよ銀行系にせよ、融資を受ける際には必ず契約前の審査を受ける必要があります。審査では利用者の返済能力が見られることになり、返済能力が無いとみなされてしまうと契約してもらえず、融資を受けられないことになります。
また、審査では総量規制という制度にひっかかるか否かを見るためにも行われることになります。総量規制は年収の3分の1以上の融資をしてはならないという規則で、銀行や消費者金融は審査によって提示された利用者の収入金額をもとに融資可能な限度額を設定していきます。

審査の難易度としては、銀行系キャッシングサービスは消費者金融系キャッシングよりも若干難しくなっており、これは金利というメリットに対するデメリットと言えます。

しかしながら正社員として働いていればほとんどのケースで通過できる程度の難易度で、自動車ローンや住宅ローンなどの多額のローンを組むのと比較すれば簡単なものとなっていますし、またアルバイトやパートといった非正規雇用として働いている方でも融資してくれる可能性は高いため、まずは相談からしてみることをお勧めします。金利のメリットはやはり大きいため、銀行系キャッシングに申し込み、もしも通らなかったら消費者金融系といった具合に切り替えて申し込みをしてみると良いでしょう。

About the Author

admin