審査の難易度は?

消費者金融系にせよ銀行系にせよ、融資を受ける際には必ず契約前の審査を受ける必要があります。審査では利用者の返済能力が見られることになり、返済能力が無いとみなされてしまうと契約してもらえず、融資を受けられないことになります。
また、審査では総量規制という制度にひっかかるか否かを見るためにも行われることになります。総量規制は年収の3分の1以上の融資をしてはならないという規則で、銀行や消費者金融は審査によって提示された利用者の収入金額をもとに融資可能な限度額を設定していきます。

審査の難易度としては、銀行系キャッシングサービスは消費者金融系キャッシングよりも若干難しくなっており、これは金利というメリットに対するデメリットと言えます。

しかしながら正社員として働いていればほとんどのケースで通過できる程度の難易度で、自動車ローンや住宅ローンなどの多額のローンを組むのと比較すれば簡単なものとなっていますし、またアルバイトやパートといった非正規雇用として働いている方でも融資してくれる可能性は高いため、まずは相談からしてみることをお勧めします。金利のメリットはやはり大きいため、銀行系キャッシングに申し込み、もしも通らなかったら消費者金融系といった具合に切り替えて申し込みをしてみると良いでしょう。

安心安全な銀行系

銀行系のキャッシングサービスの魅力は金利のみに留まりません。
消費者金融のキャッシングサービスはどうしてもマイナスなイメージが付いてしまっており、闇金のような法外な金利が発生してしまうのではないか、もしくは法外な取り立てが行われるのではないかと懸念する方も多いかもしれませんが、それはドラマや漫画の話であって現実には闇金を利用しなければそれほど怖いものでもありません。

消費者金融も銀行系も、共に安心して利用できるようになっており、特に銀行系のキャッシングサービスについてはクリーンで安心というイメージも定着してきており、安心して利用することが可能です。

銀行系、消費者金融系共に、もしも返済が難しくなったとしても返済計画を見直すような手助けをしてくれることになりますし、最後には法律に頼って解決をすることもありますが、返済不能の不良債権になってしまえば損をするのは銀行や消費者金融側ということになりますので、法律で解決されることになるのは稀です。
返済がきついならばきついと素直に報告し、建設的な話をすれば受け入れてくれるため、ドラマや漫画などのいわゆる闇金の手口のような、恐ろしい取り立てがあるというわけではありません。闇金と消費者金融は法律に則った融資をしているか否かで異なり、消費者金融ならば安全で、銀行系ならば更に安全度が増します。

銀行系は金利が安い

さて、キャッシングには消費者金融系と銀行系の2種類があるのをご存知でしょうか。
キャッシングと言うとどうしても大々的に広告を打っている消費者金融系のサービスが最初に思い浮かんでくるかもしれませんが、この事業には大手銀行も参入しており、銀行系と消費者金融系の2大柱によって争いが発生しています。
両者の内の最も大きな違いは金利で、消費者金融系のキャッシングはおよそ18%の実質金利が付くのに対して、銀行系キャッシングは14%前後が一般的になっているという特徴があります。

通常、キャッシングは利用限度額が契約時に決められることになり、設定された限度額によって金利も算出されることになります。これは銀行系でも同様のことが言え、利用限度額が高ければその分金利も低く抑えられることになりますが、利用の最初から限度額を高く設定することはできず、ほとんどの場合が提示されている金利の上限値によって算出されると考えておく必要があります。

つまり実質金利の下限ではなく上限値が利用にあたり非常に重要となり、銀行系は金利面を見ると魅力的であることが分かります。キャッシングサービスを利用するならば、まずは銀行系から回ってみるのが無難と言えるでしょう。

手軽に利用、消費者金融

借金と言われると悪いイメージがなかなか拭いきれませんが、現在では言葉を換え、もはや借金をすることは当たり前のようにもなってきています。
例えば住宅を購入する際には住宅ローンを組むのが当たり前になっていますし、自動車を購入するのもオートローンを利用して購入する人も多く、この他にも結婚式の費用を融資してもらうブライダルローンなどの少々特殊なローンも誕生しています。つまり、借金は返済能力さえ備わっていれば断じて悪いわけではなく、むしろ融資を受けることは普通に生活している一般の人にとっては当然の時代となったわけです。

その手軽さは折り紙つきで、所得証明書類や本人が確認できる資料など、一定の書類さえ用意することができれば、住宅ローンのように多額のローンを組む場合でも短期間で契約を結び、融資を受けることが可能です。少額になるにつれて銀行側が背負うリスクも減ることから、手続きの方も更に簡素化されることになり、より手軽に融資を受けられる体制が整えられています。

最も少額のローンとなると消費者金融のようなキャッシングサービスとなりますが、こちらは一度に融資を受けられるサービスについても低く設定でき、窓口へと行かずとも全国に設置されているATMでいつでも簡単に融資を受けることが可能となっています。

参照サイト|コンビニや提携先金融機関のATMを利用できる消費者金融「ノーローン」

契約についても楽々、ネットを利用して全国どこからでも申し込みが可能なので、手軽さは更に加速しているとも言えるのではないでしょうか。更に詳しく解説していきます。