銀行系は金利が安い

さて、キャッシングには消費者金融系と銀行系の2種類があるのをご存知でしょうか。
キャッシングと言うとどうしても大々的に広告を打っている消費者金融系のサービスが最初に思い浮かんでくるかもしれませんが、この事業には大手銀行も参入しており、銀行系と消費者金融系の2大柱によって争いが発生しています。
両者の内の最も大きな違いは金利で、消費者金融系のキャッシングはおよそ18%の実質金利が付くのに対して、銀行系キャッシングは14%前後が一般的になっているという特徴があります。

通常、キャッシングは利用限度額が契約時に決められることになり、設定された限度額によって金利も算出されることになります。これは銀行系でも同様のことが言え、利用限度額が高ければその分金利も低く抑えられることになりますが、利用の最初から限度額を高く設定することはできず、ほとんどの場合が提示されている金利の上限値によって算出されると考えておく必要があります。

つまり実質金利の下限ではなく上限値が利用にあたり非常に重要となり、銀行系は金利面を見ると魅力的であることが分かります。キャッシングサービスを利用するならば、まずは銀行系から回ってみるのが無難と言えるでしょう。